対応可能な症状

目の疲れについて

目がかすむ…

眼精疲労、ドライアイ、かすみ目、など目の症状でお悩みの方、目の疲れを中医学的に考えてみましょう。

目の疲れといっても様々あります。ぐっすり一晩休めば改善する一時的なものから、十分に睡眠を取ってもなかなか回復しない、 かすみなどの症状が残っていたり、治ったと思ってもすぐに症状が戻ってしまったりと慢性的なものまで、目を酷使しすることで、目が疲れてしまうと現れやすい症状です。

こんな症状…

目の痛み、充血、かすみ目
ドライアイ
視力低下
頭痛、肩こり

 

漢方では、「肝は目に開窮(かいきゅう )する」といわれ、目と肝は密接な関係にあり、 肝の働きが低下すると、目にその症状があらわれやすいのです。
目の酷使による肝の疲労、老化・過労などによる腎の疲れより起こり、さらに疲れやすい、手足のほてり、のぼせなどの症状も引き起こします。 目の健康状態を改善するには、肝の働きを強化することで症状の改善を働きかけます。 目の使い過ぎやストレス、過労などでドライアイやかすみ目、眼精疲労、視力低下などの症状が引き起こされます。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 商品紹介
  • 対応可能な症状
  • 女性のお悩み

お問い合わせ
pagetop