対応可能な症状

不眠・不安神経について

些細なことが気になります…

「クヨクヨ型」「イライラ型」「ドキドキ型」

症状にあった治療をします。
頭痛、めまい、動悸、朝起きられない、疲れやすい、食欲不振などの身体症状に加え、イライラする、気分が落ち込む、夜眠れない、気力が低下するなど、さまざまな症状が現れます。

「病は気から」と昔から言われるように、心の病が身体の病を引き起こすことはよくあります。また逆に、身体の病が心の病を引き起こすこともあるのです。

神経症

心理的な原因によって起こる心の病は、不安神経症、心気症、強迫神経症、ヒステリー、恐怖症などに区別されます。

不安神経症

漠然とした不安に急におそわれ、動悸や冷や汗、胸苦しさ、呼吸困難といった症状を起こします。

心気症

特徴としては、検査をしても異常がないのに、ささいな身体の苦情を気にし重篤な病気にかかっているのではないかと思い悩む状態です。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 商品紹介
  • 対応可能な症状
  • 女性のお悩み

お問い合わせ
pagetop