対応可能な症状

アレルギー・アトピーについて

痒疹(ようしん)

痒疹(ようしん)とは丘疹(きゅうしん:皮膚面からの半球状の隆起)、ないし、じんま疹のような丘疹を主体とし、激しい痒みを伴い、多くは慢性化しています。
アトピー性皮膚炎と間違えられやすい皮膚病です。
(アトピー性皮膚炎の症状に痒疹を併発することもあります)

慢性痒疹の場合、原因となる基礎疾患として、アトピー性皮膚炎、糖尿病、妊娠、肝疾患、痛風などが考えられます。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎とは、憎悪・寛解を繰りかえす、掻痒のある湿疹を主病変とする疾病であり、患者の多くはアトピー素因を持つ。

家族か自分自身に気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のうちいずれか、あるいは複数の疾患がある。
IgE抗体を産生しやすい素因。
左右対称性 前額、眼周、口囲、口唇、耳介周囲、頸部、四肢関節部(内側)、体幹
幼児期:頭、顔にはじまり体幹、四肢に降下。
幼小児期:頸部、四肢屈曲部の病変。
思春期・成人期:上半身(顔、首、胸、背)に皮疹が強い傾向。

アトピー性皮膚炎といわれてお悩みの皆さんも、今の自分の状況に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

  • よくある質問
  • お客様の声
  • 商品紹介
  • 対応可能な症状
  • 女性のお悩み

お問い合わせ
pagetop